PHP(ピー・エイチ・ピー)とは?サーバー言語、できることは?初心者入門サイト

スポンサーリンク
プログラミング言語

プログラミング言語 PHPについて調べてみました。

PHP(ピー・エイチ・ピー)とは

PHPは、カナダ人ラスマス・ラードフが個人で開発したプログラミング言語です。

PHP(ピー・エイチ・ピー)は “The PHP Group” によってコミュニティベースで開発されているオープンソースの汎用プログラミング言語およびその公式の処理系であり、特にサーバーサイドで動的なウェブページ作成するための機能を多く備えていることを特徴とする。 名称の PHP は再帰的頭字語として、 “PHP: Hypertext Preprocessor” を意味するとされており、「PHPはHTMLのプリプロセッサである」とPHP自身を再帰的に説明している。

PHP プログラミング言語としての概要、HTMLとの違い

PHPは、プログラミング言語というよりも動的なWebページを生成するツールを起源としています。

言語としての特徴は以下の通りです。

  • HTML埋め込み型の構文(Hypertext Preprocessorたる所以)
  • CやJavaに似た平易な文法
  • 弱い動的型付け
  • クラスベースオブジェクト指向のサポート
  • 例外処理 (try, catch, throw) のサポート

PHPはラスマス・ラードフが個人的にCで開発していたCGIプログラムである “Personal Home Page Tools” (短縮されて “PHP Tools” と呼ばれていた)を起源とする。 元々はラードフ自身のWebサイトで簡単な動的Webページを作成するために用いられていたが、その後データベースへのアクセス機能などを追加したPHP Toolsを1995年にGPLの下で公開した。 オープンソースライセンスの下で公開されたことにより同ツールの利用者が増加し、機能の追加を行う開発者たちの貢献もあって、幾度かの大きなバージョンアップを経て今日に至っている。 PHPの再帰的頭字語が PHP: Hypertext Preprocessor となったのは2017年現在の文法の基礎が確立したPHP 3からである。

先に述べたように、PHPは動的なWebページを生成するツールを起源としているため、公式の処理系にはWebアプリケーション開発に関する機能が豊富に組み込まれている。 元々PHPはプログラミング言語と言えるものではなく、単にテンプレート的な処理を行うだけであったが、度重なる機能追加やコードの書き直しにより、2017年現在リリースされているPHP 5やPHP 7は目的によらず汎用的に使うことの出来るスクリプト言語となっている。 特にApache HTTP ServerやnginxといったWebサーバーソフトウェアから動作させるスクリプト言語として選択されてサーバーサイドWebアプリケーション開発に利用されることが多い。

プログラミング言語としてのPHPは、CやPerl, Javaなどのプログラミング言語に強く影響を受けており、これらの言語に近く学習しやすい文法を有する。 組み込み関数についてもこれらの言語から直接輸入されたものも多く、関数名を変えずにそのまま取り込んだことで標準関数の命名規則が一貫していないといった問題も有している。 またC由来のヌル終端文字列とヌル文字を含むことを許容する文字列とが併存し、関数によってどちらを取り扱うかが異なっていたために深刻なセキュリティ上の問題を起こしたこともある。

PHPで書かれたライブラリは、PEARを利用してシステムワイドにインストールしたりユーザ単位で利用することが多かったが、2012年にRubyのパッケージ管理ツールであるRubyGems及び依存関係管理ツールbundler、Node.jsのnpmに影響を受けて開発されたComposerが公開されたことにより、パッケージリポジトリPackagistに登録されたライブラリをプロジェクト単位で利用することが容易になった。

PHP製のWebアプリケーションフレームワークが増加したことにより、それらが提供するロガーやHTTPリクエストハンドラなどといった共通の機能を実装するコードの再利用性を高めるため、2010年頃にフレームワーク開発者などが集まってPHP Standard Groupを立ち上げた。 PHP Standard Groupはその後PHP-FIG (Framework Interoperability Group)に改称し、クラスオートローディングの規格やコーディング規約などの推奨される標準規格、PSR (PHP Standards Recommendations)の策定を行っている。

 

PHPで できること、WEBサーバーアプリケーション

PHPは、WEBアプリケーションに特化したプログラミング言語です。

代表的なCMSであるWordPressやEC-CUBEもPHPで書かれています。

お問い合わせフォームやブログなどWEBアプリケーションには最適な開発言語です。

 

一方で、PHPではデスクトップアプリケーションの開発には不向きです。

PHPのwiki

PHPのwikiとしては、公式のwikiがあります。

PHP: start

 

また、Wikipediaにも詳しくPHPの説明があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/PHP_(プログラミング言語)

PHPのサンプル

PHPのサンプルプログラムとしては公式サイトに詳しく書かれています。

PHP: サンプル - Manual

ここには、サンプル例が6000個以上書かれています。

 

また、以下のサイトにもPHPのサンプルコードが書かれています。

 

PHP超入門サンプルコード

PHP超入門サンプルコード

 

PHPサンプルコード集

PHPサンプルコード集 - PHP入門 - Webkaru
Webプログラミング言語PHPのサンプルコード集です。ぼちぼち追加していきます。 サンプルコード 日時を取得 - 明日、昨日、来週、先週、来月、先月、来年、去年 - date() strtotime() サムネイル画像の作成方法 フォーム フォームから POST で送信されたデータを表示 フォームから

 

PHPサンプルプログラム

PHPサンプルプログラム
PHPを使ってどういったことができるかについて、簡単なサンプルプログラムをいくつか作ってみます。

PHPの公式サイト

↓PHPの公式サイトはコチラです。

PHP: Hypertext Preprocessor

PHP is a popular general-purpose scripting language that is especially suited to web development.

Fast, flexible and pragmatic, PHP powers everything from your blog to the most popular websites in the world.

PHPの日本語 公式マニュアル

↓PHPの公式マニュアルはコチラ

PHP: PHP マニュアル - Manual

このサイトは日本語で書かれています。

PHP 初心者のための入門サイト

PHPを初心者が学ぶための入門サイトはいくつかあります。

以下にまとめました。

 

PHP入門

PHP入門

 

PHP入門 基本構文の解説からデータベースへのアクセスまで

PHP入門
これからPHPのプログラムを開始される方を対象としたPHP入門です。PHPでの開発環境をローカル環境に構築する手順や、PHPを使ったプログラミングの方法に関して実際にサンプルプログラムを作成しながら解説していきます。

 

初心者用PHP入門

初心者用PHP入門
初心者用PHP入門ではWindowsでの環境構築方法、Apache2のインストールやPHPのインストール、PHPの文法、関数、演算子等の基礎知識の解説をしています。

PHPを学習する本

PHPを学習するのにおすすめの本は以下の通りです。

 

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

新品価格
¥1,944から
(2018/8/14 19:30時点)


気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

新品価格
¥2,916から
(2018/8/14 19:30時点)

 

コメント